借金の残高がなかなか減らないからなんとかしたい。おまとめローンを利用したら楽になる気がするけどよくわからないし…などと悩んでいらっしゃる方、弁護士などその道のプロに相談すれば何かよい解決策が見出せるかもしれないけれど、なかなか弁護士に相談というのはハードルが高いと思ってしまいますよね。

おまとめローンというのは複数ある借金を一本化することで、金利や毎月の返済額の負担を少なくすることのできるローンです。少額ずつ複数のところで借入をしていますと、適用される金利は高くなってしまいます。例えば、合計額では同じ100万円の借入でも、4社から24万円ずつ借りている場合と1社から100万円借りている場合では、適用される金利は違ってくるため利息額も違ってきます。

金利は借入額が多ければ多いほど低い金利が適用されますが、50万円以下など少額の場合、ほとんどがそのカードローンの上限金利です。しかしそれらを一本化しある程度まとまった額にすることで適用される金利は低くなります。さらに今よりも金利の低いローンでまとめることができれば、さらに利息や毎月の返済額の圧縮効果が期待出来るというわけです。

具体的な例を挙げますと、例えば金利18%の消費者金融で4社から25万円ずつ借りている場合と金利12%の銀行カードローンで1社から100万円借りている場合、1ヶ月の利息にどのくらいの違いがあるのか単純に計算してみますと

25万円×18%÷365日×30日=3,698円×4社=14,792円
100万円×12%÷365日×30日=9,863円

これは単純な計算になりますので借入先によっても違ってはきますが、1ヶ月に支払う利息で5,000円近くもの差が出ていることがわかるかと思います。このように毎月余計な利息を支払っている状態というわけです。おまとめローンで借金そのものの額を減らすことはできませんが、利息の額を減らすことは可能なのです。

参考サイト:おまとめローン金利比較ランキング|毎月の返済額を減らす方法

利用するとどうなる?おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットはやはり金利が低くなる、ということです。おまとめローンで人気の銀行カードローンでは、100万円以上200万円以下の借入の場合、9%〜15%程度の借入利率となるところが多いようです。金利が低くなれば当然利息も少なくなり、総返済額も少なくなります。まとめることで毎月の返済負担も圧縮することができますので経済的な負担が減ります。

また経済的な負担だけではなく精神的な負担も減ります。複数借金を抱えている状態ですと、それぞれに毎月返済日があるわけです。返済箇所がバラバラで、返済期日もバラバラだとすると、それを毎月管理するのは大変です。

「A社にいくら支払って、B社はもうすぐだから口座にお金を入れておいて、C社とD社はあと10日後だから…」

などとひと月のうちに何度もくる返済日で精神的に追い立てられるようになります。それでも返済が楽なうちはまだいいかもしれませんが、返済が苦しくなってくるとこれはかなり疲れてしまいます。一本化することで窓口が一つになれば、毎月1回の返済日で済みますので支払いの管理が楽になるのです。

思わぬ落とし穴も!おまとめローンのデメリット

おまとめローンというと金利も下がるしメリットだらけ、という印象がありますが、実は思わぬ落とし穴もあるので注意したいところです。

【返済総額が増えてしまう】
返済を楽にするためにおまとめローンがあるはずなのに、なぜ返済額が増えるのか?と思われるかもしれませんが、実はおまとめローンでは返済期間を長くして月々の支払い負担を減らす、というケースもあるからです。

利息の計算方法は、借入残高×金利×借入期間です。返済期間が変わらずに金利が下がるのであれば、支払う利息総額も少なくなりますし、返済総額はもちろん減ります。しかし、返済期間が長くなってしまいますとその分利息も余計に返すことになってしまいます。低い金利のローンでおまとめできたとしても、返済期間が倍になったりなどしてしまいますと返済総額が以前より増えてしまうということがあるわけです。

毎月の返済額としては減っているため楽にはなっていても、最終的には損をするなんてこともあるのです。ただし、最終的には増えてしまうとしても、返済に行き詰まってしまうくらいでしたらおまとめをして毎月の返済負担を少なくするほうがよいという考え方もあります。

【審査が厳しい】
おまとめローンというのは複数借金がある、つまり多重債務であることが前提のローンです。さらに金利の低いところでまとめたいわけですから当然のことながらその分審査は厳しくなります。おまとめローンというおまとめ一本化することが目的のローンであっても、借入件数があまり多いと審査に通りません。借入件数については各社で審査基準にも違いがありますが、一般的には3社まで、4社からは審査に通りにくくなるなどと言われています。

おまとめローンを利用するのであれば、本当に切羽詰まってからというのではなく、ある程度増えてきたなという段階で検討を始めることが大切です。

うまく利用できればおまとめローンはお得

このようにおまとめローンにはメリット・デメリットがあるわけですが、利用するのが得か損かで言ったらやはりお得なローンではないでしょうか。返済総額が増えるというデメリットはあるものの、とりあえず目先の毎月の返済負担を解消することは可能なわけです。

もし返済総額が増えてしまうことをどうにかしたいのであれば、余裕のある月に繰り上げ返済をするなどしていけば、元金がダイレクトに減りますからその分利息もなくなります。このように、返済総額については対策をとることもできるのです。

それでもまだ不安、という方は、返済シミュレーションをしてみる、もしくは電話や窓口での相談をしてみるのもいいかもしれません。おまとめすることでどのくらい変わるのか、どのくらい楽になるのかということが数字で具体的にわかりますし、デメリットが発生するとしてもどのくらいの程度なのかがわかります。

まずは審査に通らなければなりません。おまとめするにあたってどこがいいのか、どこがおまとめ審査に通りやすいのかなどまずは口コミや評判をみて調べてみてはいかがでしょうか。

関連記事